エナジーバンパイアについて考える

日本でエナジーバンパイアという言葉を耳にするようになったのは2010年ごろだったと思います。言い得て妙な表現だなと思いました。自己愛が満たされず、その心の隙間を埋めることを目的に生きているので接する人の元気を奪ってしまう人、定義はそんなところだと思います。

 

 

こういうバンパイアの存在が本当に厄介なところを3つくらい挙げるとすると、まず1つ目は社会に適合して自らの見え方の使い分けをするので外から発見されにくいところです。特にバンパイアの上位職者からは発見されにくいです。当然です、自己愛を満たしてくれる源泉となる権力を持っている上司にバンパイアは襲いかかったりしません。でも確実に部下は疲弊し、特に自分でしっかり考えようという気持ちのある人ほど元気を奪われていたりします。

 

2つ目は伝染することですね。原因になっているバンパイア本人よりも、感染したバンパイアの方が社会への適合能力が高いことは良くあるので、発見も遅れますし、何よりエナジーバンパイアを下から支えてそうなっているので、部下の元気を吸い取ることが正しいというのが組織としての文化として定着してしまいます。

 

それと3つ目に是非とも言及しておきたいのは、昭和から続く日本の組織マネジメントシステムには、このバンパイアが活躍できる仕組みがたくさん埋め込まれている点です。それは旧・日本軍のマネジメントシステムがバンパイア化を許してしまっていたからです。例えば特攻という行為は、導入初期にこそ大義名分はかろうじて成り立っていましたが、軍としての体面を保つための、軍の自己愛を満たすためだけの戦術でしたよね。玉砕は戦況の悪化から、当然ありうる撤退という作戦行動を想定しないという作戦立案者の思考停止を美辞麗句で取り繕うものでした。机の上で作戦を考えるだけの企画側の幹部には、今もこうした思考停止を美化しても許される空気や権限が残っていると思います。

 

私もこれまで大小さまざまなバンパイアを見てきましたが、今、特大のを見ていますので面白いから彼が何をしているかを書き留めておきますね。これ見事な負のスパイラルダウンになっていて、(1)自分の権威を上げようと、部下をしゃかりきに叩く、(2)部下が疲弊して権威が下がる、(3)部下もバンパイア化しているので、良い報告しか親玉バンパイアに上げなくなる、(4)本当の対策が打たれないので組織としての権威がますます下がる、(5)バンパイアは焦り、また(1)に戻って部下を叩くという状態が続いているのを傍観しています。今は傍観ですが、以前はまっただ中にいたので書くことができませんでした。

 

そこで私の考えるバンパイア対策なのですが、逃げる/距離を保つ、光の力で跳ね返す、光を当てて消す、杭を打って棺に封印するという古来からバンパイア対策として用いられて来たやり方が基本です。逃げる/距離を保つというのはなるべく近づかないように、興味を持たれないように振る舞うという方法ですね。あなた自身につまらないヤツだとか、仕事ができないヤツだというレッテルを貼られるかもしれませんが、そこで自己愛という評価軸にあなた自身が傾いてしまうと、あなたもバンパイアになってしまうのでご注意ください。組織の中には喜んでバンパイア化する人達もいるので、そういう人達にバンパイアが取り付いている隙に逃げるというのも有効でしたね。

 

光の力で跳ね返すというのは、現場を持っていないとできないことなのですが、自分の仕事の質やスピードを極限まで高めることでバンパイアが自己愛を差し込む隙を与えないという方法になります。これに対してバンパイア側の反応として個人の人格攻撃をしてくる、担当替えなどで仕事を奪ってくる、仕事の成果だけ奪って乗っかってくるといったことがなされますが気にしてはいけません。誰かが必ずあなたの仕事を見ていますから、そこを気にしてはいけないのです。つらいですが、あなたのいる部署が組織としておかしいよねという見え方になるまでは我慢になります。

 

光を当てて消すはバンパイアが太陽の光を苦しむように、外から光を当てることです。一番手軽かつ組織として認められているのは、バンパイアの上の上司に報告してバンパイア的な手法を止めさせることですが、これは一過性の対策に終わることが多いです。実はその上の上司も既にバンパイアになっていることが多いからです。またバンパイア的な手法というのを明確に定義することが難しいので排除しきれないことが多いです。

 

杭を打って封印するというのは、光を当てて消すとの合わせ技なんですが、影響の少ない部門に封じ込めてもらうといった手法になりますね。

 

何れにしても、結構な労力がかかる対策になりますが、必ずどこかで出会うことになるのでバンパイアの扱い方はどこかで正しく学んでおかないと、瞬間的に感染してしまってあなた自身がバンパイアになってしまう恐れがあります。それと駆除ができないバンパイアの巣窟に入ってしまった時に気付けないこともあります。ご用心ください。

 

自覚的な経営者は対策として360°人事評価を導入したりしてますよね。バンパイアは自己愛が最優先なので、部下に自分を正面から評価させる機会など作りません。だから私はそういう会社を探して入り直そうかなと、いま真剣に悩んでいます(笑)

 

 

 

ある地方のお寺に心動かされた

二年前、叔父が亡くなった。大変、立派だった人で子供の頃からお世話になった人だったのだが、その話は今日は置いておく。その叔父の法事で行った、小さな村の古刹の話がしたい。

 

そのお寺に行くのは初めてだった。生家の宗派とも違うし、母の妹の連れ合いの菩提寺に私が行く機会というのはそうそう無いのだが、実家からは車で40分ほどの距離なのだが、一見して、なぜこのような立派なお寺が地域の名所として誰にも取り上げられていないのだろう?と違和感を覚えずにはいられないくらいの立派な伽藍に、4〜5百年前にこの地を納めていた大名家の家紋をあしらったお堂や山門が佇んでいた。

 

立派なのは建物だけではなかった。本堂には四弘誓願の篆刻が掲げてあり、読経が始まって声を改めて聞いたとき、この和尚さんの法話が、叔父の葬式の時も立派だったことを思い出した。その宗派の教えなのか和尚さんの個人的な考えなのか、葬式というセレモニーが生き残された人々が、死者の死と向き合って、それへの供養として強く生きていくことを説教じみずに、ごく自然な言葉で語りかけるものだった。

 

本堂でもう1つ、私の目を引いたのは、先の大戦で戦没したと見られる村の若者の、おそらく全員の写真が本堂に掲げてあったことだ。100人ほどの方の遺影がならんでいただろうか?私の胸には、村人がこのお堂を祭りや法事で訪れる際に当時の村や地域や県を背負って国のために軍隊へと赴き戦地で散っていった若者がいたことを思い、衷心から祈りを捧げて戦後の年月を重ねたであろうこと、そしてそのおかげで村人が肩身のせまい思いをせずに戦中、戦後を過ごせたこと、しかしその若者を失った家族の悲しみは写真を見るたびに繰り返すとともに、村人に忘れ去られないであろう安心で少しは癒されたかもしれないこと、そしてどの若者の表情もどこか寂しげで死地に赴く覚悟と不安と、家族を安心させるための作り笑顔をたたえていることが去来した。

 

そう遠い昔ではない時代に、そうやって国を守るために亡くなった生身の人たちがいる。国が初めた戦争で亡くなるのはそういう人たちなのだ。私は、その戦争を遠ざける努力を本当にしているだろうか?盲目的に九条を守るとか、自衛隊違憲なのか?とかアメリカ追従を止めるとか、なんかそういう議論が、この圧倒的な現実の前では無意味。机上の空論に思えて仕方がなかった。戦争を避けるために、もっとプラクティカルにやるべきことがあるのではないか?これらの命に応えるのは、そういう努力なのではないか?生きている我々が過ちを繰り返さないために強く生きることが、この人たちへの供養なのではないか?そんなことを考えました。

 

ああ、このお寺は、地域は代々立派なご住職に護られているのだなぁと、しみじみ感じました。

 

 

 

ユトリとかサトリの何が扱いにくく感じるのかという問題について

長年、言葉にできずに苦しんでいたテーマについてようやく言葉にできた気がする。でも、ブログに書いてみると意外に言いきれていない気持ちが底の方に残っていることに気付いたりもするので、期待しすぎずに書いてみよう。

 

ずっと、自分でやってみずに分かった風な態度をすることがいけ好かない。その割に想定外のことが起こった時の慌て方が半端ない。そしてそれを他人のせいにしがち。自分の明らかな落ち度に気付けていない。など、この両世代に接するたびにいろいろなネガティブな感想を溜め込んで来た。もちろんポジティブな感想もたくさん頂いてきているが、ここでは触れない。これらのネガティブな感情を全員が全てもっている訳ではなく、みんな部分的にしかもっていなくて、この最大公約数にあたるポイントをどう表現したらいいだろう?って考えて来たけど、ようやく自分の中で納得できる言葉に巡り会えた。

 

それは「そのままの自分でいい、絶対に自分は変わらない」という気持ちがにじみ出ているところ。歩き方とか、生活態度とかに醸し出されていることが多いのだ。おそらく何かで読んだ上に受ける態度マニュアルの類いを厳守して装っているのだと思うが、歩き方とか返事とか、文書やメールの語尾とかに、その気持ちがほとばしっているのが受け入れられないのだ。だって無意識に出ているそのシグナルは本心ですから。

 

ま、でも、それでいいんだよな。若いヤツなんて。だから俺は割を食わない距離でそっと見守らせてもらうのだ。成長したいヤツ、変わりたいヤツだけが変われば良いって言うのは昔からそうだと言われればそうなのだ。

 

 

でもそのくせ、自分が得をするかもしれないことには、必要以上に敏感だ。教えてもらったら重宝なスキルは必死に聞くし、分からないと教え方が悪いと言わんばかりの態度だったりする。世の中、若いうちに理不尽に耐えて体得しないと一生付いてくる苦労もあるって、若い頃にオジさんに教えてもらったけどそれをシミジミと感じるので、これってやっぱりユトリだとかサトリだとかって関係ないな。

 

ごめん、君たちもあのころの僕たちと一緒だった。扱いにくいのはお互いの背景がかけ離れているからなので、これからもうまくやっていこうな。距離をキープして。

 

 

 

 

 

目的地が見えていると奇抜な手も普通に打てる ドワンゴ川上さん恐るべし。

ドワンゴの川上さんのケイクスの連載の初回を、たまたま今日読んだ。

4年前の記事だ。

 

cakes.mu

 

川上さんがこの時にCTOを兼ねているという件と、「女子マネ弁当」の2つのテーマに同じくらいの衝撃を受けた。組織の決断というのは、大きい組織だと判断できるスキルのある人と判断できる情報をもっている人と判断できる権限を与えられている人の情報が共有されたところでエイヤー!となされるものだが、これ大きい会社だと中々共有されない。コミュニケーションの壁とか、各自のバイアスとか、色々な壁が立ちはだかる。一番早いのは、同じ人がこの3つの役割を兼ねてしまうことだけど、これって問題が業務の根本的な部分だと創業者でもないと判断できないよね。当たり前の判断を当たり前にしているんだと思うんだけど、それなりの規模の会社で、それができちゃうっていうのは、会社のあるべき姿というのがはっきり見えている人だからなんだよね。そこに驚いた。さすがって思った。

 

そしてその話の流れで「女子マネ弁当」。これもエンジニアの出社を促進するという目的が見えていて、その有力なソリューションだとおぼしきものを試してみたという、聞けば当たり前の決断なんだが、これもそこそこの規模の会社だとできないことが多い。そしてちゃんと出勤率10倍と数字で効果を抑えてる。無理に来させるんじゃなく自発的に来たくなる仕組みをつくるというのもセンスいい。こういう決断を、こういうスピード感で行っていく経営者だったら、日々の仕事は痛快だろうなと思って普通に楽しく読んでしまった。

 

もちろん、ついていくの大変そうだけど、ドワンゴには付いていける人が多いのだと思う。ちょっとうらやましい環境だ。

同僚のえり好み

同僚、特に自分より下の人間の好き嫌いについて、ふと考えました。それは隣の部署に配属された一昨年の新入社員を見て、イライラするから。その前の年の新入社員に対してはそんなこと無かったのに、この違いは何なんだろうな?と考えたのがきっかけでした。

 

よく考えると、何年かに一人づつくらい。主に後輩、時々先輩で許せないタイプの人が現れて、どうも自分の評価の中では彼らの価値観が引っかかっているようだと気付きました。

 

その価値観というのはひと言で言うと、他人のふんどしで相撲を取ること。でもちょっとニュアンスは違って、私のことを利用して成果を出すタイプの後輩のことは許容できて来たので、踊らされることが嫌な訳ではなくて、お手軽な成果を要求するタイプでなおかつ仕事を通して本人に成長する気持ちがないと見捨てたくなるようです。

 

この中にもわずかな違いで2種類のタイプがいます。経験不足で自分の成長の必要性に気付けていないタイプの人と、人には甘えるものだと教わって育ち、それ以外の人の使い方を知らないタイプの人がいます。これ、後者が中々厄介で、消費者気質をこじらせてしまって何も学べないでいるケースの人がいて、この場合は本当に学習機会が提供できないまま終わることが多いです。ここで言う消費者気質というのは、人から教わることはその効能とかアウトプットが最初から本人に把握できていて、意義を理解させてもらえないと頑張れない、つまりコストである自分の時間や労力をかけられないという習慣が身に付いてしまっている気質のことをいいます。

 

多少の無駄は学びには不可欠だと思えている人には、教えてあげられるし、その人の失敗をカバーしてあげたいと思うけど、消費者気質の人は、失敗した時に教えてもらった通りにやったのに失敗して教えた人の教え方が悪くてむかつく的なところに落ちていきます。これでは永遠に彼らの学びは発動しないのです。

 

本当に嫌いという訳ではなく、私はそういうタイプの人とは関わらないようにしている。過去の経験から、私の見る世界にはそういうバイアスが掛かっており、それは必要なバイアスだと思っているということです。そのオーラを感じ取らずに、今日も私の何かに依存しようと近づいてくる彼らに対して、私はイライラしているんですね。

 

彼女のおかげで気付けましたね。

登美丘高校ダンス部 振付師akaneさんの番組(セブンルール)を見た

不覚にも見てしまった。大阪府登美丘高校ダンス部の振り付けを担当するコーチのakaneさんの密着番組。そして不覚にも心動かされてしまった。誰かの頑張りにほだされて自分が何もしてないのに感動するなんて迂闊なヤツのすることだと信じて自分の人生を生きているのだが、今日は完全にやられた。

 

私は自分に挑戦し続ける人を美しいと感じるし、そうでない人生、そうでない時間の過ごし方、そうでない人との交わり、というのは自分の心の棚の中の下の方に置いてしまう。自分がそういう価値観の持ち主だということを改めて突きつけられた気がした。そしてそんな自分を追い込む毎日の息抜きがクッキーだというのも、すごくよく分かる。だってクッキーこそ不器用に突き詰め続けている人だから。人の心を動かすには、人の想像を超えたモノを突きつけないといけない。そのための積み重ねを自分を律して真面目にやり続けて到達することは大人にとっても子供にとっても非常に難しい。でもその素晴らしさを知って、厳しくも励まし支えてくれる人が近くにいたらきっと誰もが自分の壁を越えていけることだろう。それを知っているから青木崇高は本人も知らぬうちに涙を流したのだ。そういう本当の時間が、あの番組にはあって関西テレビ、やるじゃんって思いました。その前に登美丘高校の諸君がすごいんだけどね。

 

きっと登美丘高校ダンス部の子達は本当に部活が楽しいだろうし本当にヨソでは学べないことを身をもって学んでいると思う。宗教や思想団体じゃなしに、ああいう場所って作るのは本当に難しい。だから本当に彼女達は貴重な体験をしていると思う。でもできれば自分の身の回りの若い子達には味あわせてやりたいと思ったよ。あと、彼女達を社会で受け入れる大人達は彼女達のまっすぐ頑張る気持ちを受け止められないならせめて邪魔しないであげてほしいし、できれば受け止める姿勢だけでも魅せて挙げてほしい。そして卒業生のみんなは、そんな社会の現実を突きつけられても自分の心を信じて突き進んでほしいね。

 

心のねじ曲がったオジさんだけど元気をもらいました。ありがとう。

東芝について思うこと

多くの家電メーカーの中で、思い入れを語れと言われて一番語れないのが東芝なんですが、そんな私が東芝関連の本を私の読書量の中では比較的大量に読んでいます。(ページ数ベース、ムーちゃん肌感覚による)何故だろう?大鹿さん、大西さん、児玉さんという名うての経済ライターの皆さんが本気の取材を元に書き付ける迫力もさることながら、これが日本の本格的な敗戦の始まりだからだと思います。この事件が先の大戦で考えるとミッドウェーに相当する気がするんですね。

 

ちょっと大げさですが、先の大戦をイメージでざっくりで恐縮ですが世代論として理解すると、日清日露を乗り越えて成功体験を伝え聞いた世代が日中戦争をだらだらと続け、そのだらだらが示唆するものを深く考えないまま、もしくはあるものは深く考えつつもその状況を利用して世界での日本の立ち位置を優位にしようと画策し、気がついたら戦争を知らない世論や政治を騙していたつもりが乗せられて、引くに引けないまま破滅に突き進んだ戦争だったと思うのです。誰も悪くなかったし、見えていないのも無理は無いです。国家全体を世界情勢の中で細部まで見通すなんて、当時の世界でもできていた人はほとんどいなかったはずです。でも、何らかの決断をしなければいけない彼らは保身とすら気付かない無意識の防衛本能でアメリカとの開戦に踏み切るんですよね。勝てないと頭で分かっていたのに。

 

最初に挙げた3者の本と雑誌や新聞やテレビの報道と、私が培った人を見る目で考えて、これって本当に経済戦争の終焉を告げる出来事であり、後にも続く企業がまだ出てきそうだという(これからクルマのパラダイムシフトが始まるっしょ)ことを考えてミッドウェーかなぁと。経営者の資質不足は批判されることがあっても、東芝の歴代経営陣の判断自体は間違っていたとは言い難いものだったことが確認できました。どこが決定的な判断ミスで、どこでなら後戻りできたか?というポイントに絞って読んだんですが、そんなポイントは無かったですね。

 

ただ1つ、私の観点で言わせていただくと守るべき理念/ビジョンの不在だけは指摘しておきたいのです。彼らは何を目指して何と戦い、どこにたどり着いたのか?それが極めて個人的なものに見えてしまうという点で経営者としての資質については言いたいことが残るかなと思います。でも本当にこれからそういう経営者やリーダーが増えてくるから気をつけましょうね。

 

先の大戦の世代論に戻ると、自由を謳歌した明治生まれ大正育ちの大人は徴兵されずに生き伸びました。苦労をしたことは間違いないですが、それでも戦後を見ることはできた訳です。でも大正生まれの男子は、ほとんどが戦後を見ずに亡くなっている訳です。さて、僕には平成が大正が似通って見えて仕方ありません。自分の子供も平成生まれなので、彼らが幸せに人生を生きられるようにもうひと働きしたいなぁと思っています。